キャバクラの同伴の制度について

キャバクラの同伴の制度

キャバクラに憧れて夜の世界に入ってくる若い女の子も多いですが、キャバクラはただお酒を作るだけではなくて様々な業務があって慣れるまでとても大変です。それぞれの業務にはノルマも設定されていることが多いので、様々な業務をしっかりこなしていかないとノルマが達成できなくてたくさんの罰金を支払わないといけなくなってしまいます。そうならないためにもお酒を作って提供するという基本的な業務以外にもどのような業務があるのかをしっかり理解しておきましょう。特に自分の給料にも大きく関わってくるのが同伴です。お客さんをお店に連れてくる制度ですが、連れてくる人数が多ければたくさんの給料をもらえるのがこの制度の特徴です。基本給が少なかったとしてもこれらの制度を上手く活用してたくさんお客さんを連れてくることができれば数十万円の歩合給を受け取ることができます。

キャバクラには店内で仕事をするだけではなくて同伴やアフターというものがあってお店以外でもお客さんと会ってお店に来てもらうように努力をしています。特にアフターよりも同伴のほうがキャストにもお店にも様々なメリットがあります。同伴はお店に連れてくる制度で確実にお客さんを連れてくることができるので給料にも反映されます。1回につき決まった金額がバックされたり、ポイントが付いてそのポイントによって時給が変動するシステムもあります。確実にお客さんがお店に来てくれてたくさんお酒を飲んでくれたら更に売り上げにも貢献して給料もたくさんもらうことができます。しっかり稼いでいるナンバーワンのキャストになるといかにして多くのお客さんを連れてくるか真剣に考えています。

同伴の制度はほとんど食事をすることが多いです。様々な食事をご馳走してくれますのでほとんど奢ってくれるケースが圧倒的に多いですが、稀にお金を持っていない人を誘ってしまうと割り勘にされてしまうので注意しましょう。そのような事態を回避するためにも、そしてお客さんの財布の負担を軽減させるためにもお客さんの希望を聞きながらできるだけ安いお店で食事を済ませるようにするのがポイントです。本来の同伴の目的は美味しい料理を食べるためではなくて、お客さんにお店に来てもらうのが本当の役割なのです。ですからどのような料理を食べても構いませんができるだけ早い段階でお店に連れていくことが重要になります。このように同伴という制度は自分のためでもありお店にもメリットがある制度と言えます。


朝キャバでしたら、夜のキャバクラよりもノルマが厳しくないので、初心者の方でもムリなくラクに働けます。 いきなり夜のキャバクラで働くことが不安な方は朝キャバを紹介しているサイトを参考にしてくださいね。