同伴出勤をノルマとしているお店もあります

キャバクラの同伴の制度

一見するとキャバクラの世界は華やかなイメージを持っている人も多く、女性がなりたい職業ランキングでも上位にランクインするほど人気が高いですが、実は思った以上に大変な仕事だという現実を知っている人は少ないのではないでしょうか?華やかだから、稼げるから、という理由だけでこの世界に飛び込んでしまったら大変な思いをしなければいけないかもしれません。もしこれからキャバクラで働いてみたいと思っている人は様々な制度があってノルマや罰金があることをしっかり理解してからこの仕事を始めてみてはいかがでしょうか?そうすることで途中で諦めてしまう確率を回避させることができますし、うまくノルマと付き合って長く働くことができます。入店する前にどのようなシステムがあってそのシステムは自分にとって苦にならないかをしっかりチェックしておきましょう。

キャバクラに入店してから1ヶ月から2ヶ月は試用期間ということもあり特に指導を受けながらノウハウを学んでいきますが、3ヶ月を過ぎたことから同伴などの様々なノルマがあり、それを達成しなければ罰金を科せられてしまいます。とても華やかな世界だと思われていますが、実は多くのキャストがノルマを達成させるために様々な苦労をしながら頑張っているのです。特に大変なのが同伴ノルマです。お客さんとの関係を構築しなければなかなか同伴をしてくれるお客さんがついてくれません。そうなってしまうと目標が達成できずに罰金を支払わないといけなくなってしまいます。

罰金は数千円支払うのが一般的ですから、2回の罰金があると1万円以上を支払うこともあるので大変です。最近では時給分の罰金を支払うキャバクラも多く時給が5,000円だったら1本5,000円の罰金、8,000円だったら1本8,000円の罰金が発生してしまいます。この罰金を給料にも影響してしまうのでキャストも必死になって営業活動をしながらお店の中でも外でも必死になって頑張っています。そうしなければ思ったような給料がもらえないので割りに合わない仕事となってしまいます。思っていた内容と違っていてすぐにこの仕事を辞めてしまう理由がここにあります。そうならないためにも最初から自分がはたらきたいと思っているお店がどのようなノルマがあってどれくらいの罰金を支払わないといけないのかをしっかり確認しておくようにしてください。そうすることで自分も無理なく働くことができます。